でーれーガールズ

 読書の秋なんてことを申しますが今週の私はまさにそれ。各種コンテストもなんとか終わり、プチ虚脱状態で

す。まあ大一番「未完成チーム」の展示会が残ってはいるのですが(笑) アウトプット作業が続いたので、ここい

らで一息いれてインプット・・・ネタの仕込みをしておきましょう。

 まずはこちら

でーれーガールズ

「でーれーガールズ」 原田マハ

 岡山で一番売れている本らしいです。岡山市内どこの書店でも入口の近くに平積されているのではないでしょ

うか?営業で外回りするときはFMラジオを聞いているのですが、地元局の放送では何度か取り上げられていまし

た。そして先日はついに全国放送で紹介されるに至り、興味が湧いたので購入しました。いつもライトノベルとか

新書版しか読まないので、ハードカバーは本当に久しぶりですね。

 物語の舞台は1980年の岡山市。現在40代の主人公が高校時代を回想する形でストーリーが進みます。まさに私

にはド!ストライク!!でした。「岡山城」「鶴見橋」などのまあ観光地から「西口連絡通路」「奉還町商店街」

みたいにビミョーな所、「木村屋」「白十字」なんてメーカーやらお店の名前。あげく「金八先生」「ザ・ベスト

テン」当時のTV番組ですね。とにかく「岡山」「80’s」な固有名詞がバンバンでてきます。その度に当時の岡山市

内の様子がリアルに浮かんできました。そして最後は思わず「うるっ!」ときてしまいました・・・先任次長さん

は号泣したらしい・・・。青春時代をこの地で過ごした原田先生の「岡山愛」にあふれる1冊です。岡山県南在

住、40代にはお薦めです。そして、他県の人にも読んでもらってちょっとでも岡山に興味をもってもらえたら嬉

しいです。ケイタイの無い時代の話は若い子に解るかな?

最後に作中から一節、“幼稚園児が話しても「わし、アイスが食べてえんじゃ」じいさん言葉が岡山弁の特

徴”・・・そのとおりですけど、なんかグサッときました。

 PS 「でーれー」とは岡山弁で「ものすごい」という意味です。“

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「でーれーガールズ」原田マハ

漫画家の小日向アユコ(本名・佐々岡鮎子)は30年ぶりに高校時代を過ごした岡山県にやってきた。母校の女子高で講演会をするためだ。 講演会前々日、この機会にと高校の同級生た

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
プロフィール

大野Q太郎

Author:大野Q太郎
40代モデラーの日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR