久々の・・・

・・・更新デス(^_^;) 基本、模型のネタしか書かないことにしているので、模型を作らないいとには更新でけんのですわ・・・ワハハ
 そんな訳で今年初めての完成品です。ホビークラフトさんから入荷の連絡があったので土曜の夕方に引き取って
一晩で仕上げました・・・今回もいわゆる「カンタン仕上げ」です(*´∀`*)

DSC02516.jpg

「大ガミラス帝国航宙艦隊・ガミラス艦セット1」

 デストリア級航宙重巡洋艦とケルカピア級航宙高速巡洋艦の2隻セットです。
本体の成型色は濃緑色、目玉?の部分はクリアーパーツになってます。2艦共に艦首のワイヤーカッター?の色分けができていないので、フラットブラックにて塗装。艦橋の窓はイエローを入れ、目玉は一応デカールも付いているのですが、うまく貼る自信がなかったのでクリアーイエローとオレンジを筆塗りで。
 全体にウオッシングした後、スミ入れペンでスミ入れウエザリングマスターでエッジを立てて、最後につや消しクリアーを吹いて仕上げました。

DSC02517.jpg

DSC02518.jpg

デストリア級航宙重巡洋艦  旧作で言う「デストロイヤー」です。ガミラス艦の基本的なシルエットですな。

 しかしデストロイヤー=駆逐艦というわりにはデカイです。

DSC02521.jpg

 「きりしま」=地球の“戦艦”との比較 やっぱりデカイ!!

DSC02519.jpg

DSC02520.jpg

ケルカピア級航宙高速巡洋艦 こちらは一回り小さくて細身です。いかにも高速って感じです。

DSC02522.jpg

 おまけの風力発電機・・・ではなくて反射衛星です。おまけとしてはうれしいですが、先に反射衛星砲の本体でしょうバンダイさん!?

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

居住性を重視しているのですかね?

大きさの差は太陽系内のみを前提としている船と宇宙全域をカバーしている船だからですかね。
(船体の割に武装が貧弱なのはそのせい?)
WW2のイギリス艦艇も航洋性を重視した設計なので、そんな感じを受けます。

No title

 25日未明...我家の玄関先に 「放置」されてました。

 まぁ。。誰の所業かは 言うまでも無いけど「黒サンタ」襲来です。 

コメントありがとうございます

 え~っ、遅くなりましたが、早川様、ニャンチ殿 コメントありがとうございます。
ブログの更新もトントご無沙汰で、おふたりのコメントにも気がつかず・・・失礼いたしました。
 早川様、武装が貧弱なんてことはないでしょう。なんせ白色なんちゃら艦隊をフル
ボッコですぜ(○`ε´○)
 ニャンチ殿、「メ号作戦」の成否はあなたの双肩にかかっています。ガルパンなんぞにかまけてないで頑張ってくださいネ( ゚,_ゝ゚)
プロフィール

大野Q太郎

Author:大野Q太郎
40代モデラーの日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR